BLOGブログ
2021.09.15

不倫夫が養育費を払ってくれません

家を出て行った夫・浩一さんと、3人の子育てをする妻・陽子さん。
いよいよ離婚調停成立です。

前回のお話
調停調書の内容は、
・2人が離婚すること
・3人の子どもの親権者を母・陽子さんとすること
・子どもの養育費として、浩一さんから陽子さんへ、調停成立の翌月から子どもがそれぞれ20歳になるまで、毎月2万円支払うこと
・浩一さんと子どもの面会交流は月1回とすること
・浩一さんから陽子さんへ慰謝料150万円を支払うこと 50万円ずつ3回払い
・浩一さんから陽子さんへ引っ越し代の実費を支払うこと

陽子さんは、裁判所から発行された離婚調停調書を持って、市役所に離婚届を出しに行きました。
それから、家庭裁判所に子の氏の変更許可の申立を行い、陽子さんも子どももみんな陽子さんの旧姓になりました。戸籍も陽子さんのところに入りました。
何もしないでおくと、子どもはもとの姓のままとなり、戸籍も浩一さんのところに入ったままになるのです。

陽子さんと子どもたちは、子どもたちが転校せずに済むように、近くのアパートを借りて暮らし始めました。陽子さんも以前と変わらずパートを続けています。ぜいたくはできませんが、浩一さんからも養育費と最初の慰謝料の振り込みがあったので、生活は成り立っています。
子どもたちは調停調書の通り、月に1回浩一さんに会いに行っています。
浩一さんの裏切りを完全に許すことはできないけれど、きちんと義務は果たしている。
今はただ、子どもたちに不自由をさせないように…
陽子さんはそんな気持ちで、女手一つで子育てに奮闘していました。

ところが、半年が経ったころ、浩一さんからの養育費の支払いがストップしてしまいました。
慰謝料についても、2回目、3回目の支払い期限を過ぎたのですが、支払われていません。
子どもたちとの面会交流も、最近はまったく行っていません。

陽子さんから浩一さんにいくらLINEを送っても返信が来ないし、電話にも出ません。
さすがに生活が限界にきていました。

陽子さんは、弁護士に相談し、まず裁判所を通して浩一さんに「履行勧告」を行いました。
浩一さんのもとへ届いてはいるものの、何の反応もありません。
履行勧告は、支払いの義務がある者に対し、裁判所から支払いを促すもので、強制力はありません。裁判所から督促が届いたとなると、支払う人もいるのですが・・・

弁護士は、履行勧告で支払いがなければ、強制執行するしかないと言っていました。
このままでは、陽子さんたちの生活が成り立ちません。
陽子さんは、強制執行の手続きに踏み切ることにしました。